スマホのカメラを使った遊び

スマホのカメラを使って遊びましょう

カメラを使って遊ぶ 現在ものすごい勢いで普及しているスマートフォンですが、略してスマホといいます。
スマホでは電話をはじめ、メールやインターネット、メモ帳やミュージックプレーヤーにすることができるなどパソコンのような機能があります。
その中にはカメラ機能もあり、コンパクトデジタルカメラにも負けない画質を誇る機種もあることから、スマホのカメラ競争は激化しています。
また、それを使い若者の間では加工をするといった遊びが流行っています。撮ったものを加工して、ソーシャルネットサービスにアップすることで、友達同士で共有したり、自分自身の写真を加工することで可愛くすることもできます。
スマホのカメラで写真を撮ることで、インターネットやアプリを介して、ネット上にアップすることで、その写真は自分だけのものではなくなり、共有することで仲間と深く繋がれます。
さらに遠く離れた友達や恋人、海外の友達とも文字だけでなく写真を付け足すことでより相手のことを知ることができます。

調査によるとスマホ利用者の2割が自撮経験者

ある調査によると、スマホを利用している2割の人は自撮ができる棒を利用したことがあると回答がありました。
特別な棒でスマホを前に出し、自分を簡単に撮影可能な自撮ができる棒ですが、その扱いは注意しないといけません。
まず利用するためには、設定が必要になります。通常、Bluetoothによる接続が必要で、ペアリングの設定を行います。スマホのBluetoothをオンにして、さらに自撮ができる棒の電源をオンにすると、設定を行うことが可能で、1分程度で終わります。
あとはカメラアプリを利用して撮影するだけなのですが、撮影する際は、周りに注意をしましょう。
棒を振り回すことになるため、物や人に接触する可能性があります。怪我をする可能性もあるので。利用の際は周りを一度確認することが大切です。
また、自撮ができる棒は国内製を購入しましょう。海外製だと、技適マークが付与されていない場合があります。技適マークがない製品は国内では違法扱いになるので、注意が必要です。